TOPへ

シャウド(Shoud)TOPへ戻る > アダマス セント・ジャーメインについて > The One & Only Adamus

アダマス セント・ジャーメインについて

アダマス セント・ジャーメイン -Adamus Saint-Germain-

アダマス セントジャーメインは、クリムゾンサークルカウンシルから来ている教師であり、マスターです。彼はジェフを通してワークショップやカリキュラムを提供しています。


アダマスは、注目に値する存在で、たくさんの人生を送っている中で、たくさんのアイデンティティを表現し、たくさんの冒険を地球でやりました。彼は18世紀にセント・ジャーメインとしてポルトガル人の父とスペイン人の母との間に生を受けました。彼はヨーロッパを旅し、セント・ジャーメイン伯爵(サンジェルマン伯爵)と呼ばせました。彼は王や皇帝のカウンセルをしていました。また、偉大な錬金術師(エネルギームーバー)として知られていました。現在もアダマス教師として引き合いに出されることを楽しんでいます。


セント・ジャーメインはルーマニア、ハンガリー、トランシルバニアにたくさんのミステリースクールを建てたと主張しています。ウィキペディアには、セント・ジャーメイン伯爵(1710‐1784)は、いろいろな人物と書かれています。王族、冒険家、ペテン師、発明家、錬金術師、ピアニスト、バイオリニスト、アマチュアの作曲家と記されて来ました。しかし、最も知られているのは、いくつもの神秘信仰の物語に繰返し書かれていて、マスターラコッチ(Master Rakoczi)として神のようなパワーと長寿を成したことです。


いくつかの本では、彼の名前は知られていませんが、聖なるハーマンを意味するラテンサンクタスジャーマナスのフランス語バージョンを彼が発見したと書かれています。聖ジャーマナスはペネディクト会の平信徒です。


アダマス セント・ジャーメインは、クリムゾンサークルで、ニューエナジーのスピリチュアルの教師たちに教え、アシストしています。彼曰く、芸術や自然のエネルギーはシンプルな物理学で動いていると。彼は人間が、力や二元性の古いエネルギーから新しいエネルギーにトランジション(移行)するのをアシストするためにここにいます。


アダマスは現在、世界中でクリムゾンサークルのワークショップやスクールのキーノートスピーカー(基調講演者)をしています。彼は、クリムゾンサークル認定教師を導く4つのキーとなるアドバンスド スタディコースを創りました。


その4つは、ドリームウォーカー デス トランジッション、ドリームウォーカー バース トランジッション、ドリームウォーカー アセンション トランジッション そして、シンクロタイズです。アダマスは独特なスタイルで、代表作のニューエナジー ミステリースクールを始め、ドリームウォーカー ライフ、アドバンスド セクシャルエネジー スクールも加えて、世界中でワークショップをしています。


アダマスは、たくさんの役職やアイデンティティもさることながら、真の教師としての知恵、情熱、クリエーターシップも携えています。



アダマスは、クリムゾンサークルのアセンデットガイドを引き受けるにあたり、2009年9月にガイドのような手厳しいリクエストを提示しました:


「私は、シャーンブラだけの為に、アダマスとしてやって来ます。我々は一緒にニューエナジーへの旅に行きます。私は、カウルダー(ジェフ)を通してメッセージを発します。私は、他の人々との間に情熱はないし、プライベートセッションもやりません。私はカウルダーを選びました。彼がその気があり、私のメッセージをクリアに伝えてくれる限り。私は、今のところ10人とか20人の人を私のメッセンジャーとしたいと思っていません。カウルダーとリンダがエゴを排除した上で、エネルギーを搾取するようなことがない間は、彼らにメッセージを運びます。なので、誰かがアダマスとチャネリングしているというクレームを受けたくありません。あなた方はセント・ジャーメインからメッセージを受け取り続けることが出来ます。」


2012年5月にもアダマスはこう言っています:


「私をチャネリングしていると主張している人へのメッセージですが、それは適切ではありません。私がシャウドでしているのは、ここであり、このグループであり、このメッセージであり、このチームであり、これを一緒に提供しているスタッフです。私が最初に言ったように "まさに、これだけです。" 私が話するのは、ここでのメッセージだけであり、このグループだけです。他の人は良い日には混乱しており、悪い日には妄想や詐欺的だったりすることを強調して言いたい。」


本件のさらなるメッセージが“The One & Only Adamus (クリック)”にあります。



<参考> サンジェルマン伯爵(Saint-Germain) -Wikipedia



・クツミ ラル シンについて

・トバイアスについて