TOPへ

ホーム(HOME)へ戻る > キーハックについて

キーハック

皆さまへ

2018年に、ひさこさんより、キーハックの日本語版の提供についてお話がありました。昨年は、アンケートの実施をさせて頂き、20名に若干足りず、CC側としてもキーハックには明確な意識を持っての参加が必要とのことで、実現には至りませんでした。
今年、2019年は、皆さまのご協力や、ひさこさんの努力も実り、その流れの結果として、2019年~2020年の間、日本語で提供ができるようになりました。ありがとうございます。

※注: 尚、受講の際、和訳は月2回チャネリングされるアダマスのメッセージのみです。 約月に1回の Living in Keahak でのリンダとダグ (Dr. Doug Davies)で行われるメッセージについての対談と Journaling to Mastery という年度初めに提供される記録の取り方に関する音声アドバイスの訳はないとのことです。(2019/4/1)

※ キーハック IX の詳細は、下の方にバナーがあります。


Keahak™

APPLIED CONSCIOUSNESS ™ (応用意識)

2009年にアダマスがクリムゾン・サークルを導き始めたとき、彼は「道のりの全て」を私たちと共にするとはっきりと言いました。この最たる例が、キーハック、意識を開いて新たなレベルの光とエネルギーを取り入れるためにアダマスと共に歩む強烈かつ親密な一年間の旅です。


アダマスは2011年3月に「キーハック」という言葉を私たちに紹介しました。この言葉の意味は「経験しているスピリット」(kea(キー))と「活動している/動いているエネルギー」(hak(ハック))で、エネルギーと繋がってエネルギーを取り入れるあなたの一部を意味する古代の言葉であると彼は説明しました。

キーハックはアダマスと共に一年間歩む旅です。キーハック参加者はインターネットを通じて月に2回、プライベートなハウス・オブ・キーハック(キーハックの家)で繋がります。キーハック・アドバイザーのアラン・ボレイアとドクター・ダグラス・デイビスがその時のエネルギーの動きについて簡単に話した後、リンダは呼吸の誘導を行い、ジェフはアダマスをチャネリングする準備をします。多くのキーハッカーは、アダマスがハウス・オブ・キーハックに現れると各自の家でアダマスが側にいるのを感じることができると言っています。

キーハックはアダマスやクリムゾン・カウンシルの叡智とより深くまたより頻繁に繋がりたい方のためにあります。送られるメッセージは個人的、挑発的で、非常に洞察に満ち、時には非常に強烈です。月例シャウド・メッセージを通じた話や経験を越えて、キーハッカーを各々の暮らしにおける新たなレベルの光とエネルギーへと連れて行きます。

キーハック・プログラムは年々拡大します。つまり、決して同じであることは無いのです。多くのキーハッカーは毎年このプログラムに参加しています。それはこのプログラムが人生に重要な変化を起こす可能性を絶え間無く提供する常に最新の情報だからです。

キーハックはその性格上強烈なため、このプログラムは(鬱病や不安のための)SSRI投薬中あるいは過去18ヶ月以内にSSRI投薬を受けた方の受付は行っていません。


キーハック IXは登録を締め切りました。2019年7月1日より開始中です。


※ キーハック IX の詳細(日本語)は、画像をクリックしてください。

キーハック IX



・クリムゾンサークルについて

・ジェフリー・ホップについて

・アダマス セント・ジャーメインについて